沖縄移住・・・2

沖縄の生活において、

都会ぐらしと違って行楽費用は、あくまで自然中心の楽しみを求めるのであれば、ほとんど費用らしい費用は必要ないでしょう。

どの公園も立派で、設備が整っています。

そして何よりも、人口が少ないから何をするにもゆったりです。


サンゴ礁の海、ゆったりとした大きな公園など、車さえあればさほど時間がなくても、観光地にもなりそうなスポットへ行くことができますし、ちょっとした空き時間のなかで楽しめます。

時間や経費、いずれもさほどかかりませんが、ガソリン代がやや高いことは頭に入れておくべきです。


移住を決定するにあたり、電話やファックスだけのやりとりでは、実際に移住したときに思わぬ不便を強いられることがあります。

特に周辺の環境や学校、交通事情などはきちんと目にして確認しておくべきです。


また意外と知られていないポイントですが、注意しておくべきことは車が錆びやすいということです。

海が近いから仕方ありませんので、特に車体の下部は錆止め塗装が欠かせないでしょう。

中古車がおすすめです^^

*******************************************************************
ぜひ、このブログに"応援"の足跡を!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

沖縄への移住・・・1


沖縄の豊かな自然やゆったりとした島の魅力に引かれ、沖縄への移住を考えている人も多くいらっしゃるかもしれませんが、実際に沖縄に移住するという場合、どのような問題や準備が必要となるのかを真剣に考える必要があります。


実際には、沖縄に住むようになるからといっても、費用がよけいにかかるということはほとんどないようです。

逆に生活費は都会と比べると必要ないかもしれません。


たとえば、持家は、2000万円ほどで郊外の100坪ほどの土地で十分にゆとりのある物件を手に入れられますし、それだけで余裕を持った生活ができます。

家自体は小さいかもしれませんが、庭や周囲の自然が大変豊かですから、精神的にはずっと豊かな生活といえるでしょう。
*******************************************************************
ぜひ、このブログに"応援"の足跡を!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

移住を考えてみる!

八重山の豊かな自然環境やゆったりとした島の魅力に引かれ、八重山への移住を考えている人もいらっしゃるかもしれません。実際、八重山に移住するという場合、どのような問題や準備が必要となるのか考えてみましょう?

kannmuriwasi-1.jpg

実際には八重山に住むようになるからといって、費用がよけいにかかるということはほとんどないようです。むしろ生活費は都会と比べると必要ないかもしれません。たとえば、持家は、2000万円ほどで郊外の100坪ほどの土地で十分にゆとりのある生活をできます。家自体は小さいかもしれませんが、庭や、周囲の自然が豊かですから、精神的にはずっと豊かな生活といえるでしょう。

行楽費用は、あくまで自然中心の楽しみを求めるのであれば、ほとんど費用らしい費用は必要ないでしょう。公園も立派で、設備が整っています。人口が少ないから、何をするにもゆったりです。サンゴ礁の海、バンナ公園など、車さえあればさほど時間がなくても、観光地にもなりそうなスポットへ行くことができますし、空いたなかで楽しめます。ガソリン代や時間、経費、いずれもさほどかかりません。

逆に言えば、車は必需品だということですね。

ただし、ひとつ注意しておくべきことは、車が錆びやすいということです。海が近いから仕方ありません。特に車体の下部は錆止め塗装が欠かせないでしょう。中古車がいいのでは・・・と思います。
*******************************************************************
ぜひ、このブログに"応援"の足跡を!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。